2013年11月13日

エアバギー ココ 新色

エアバギー ココ 新色



こんな話題を発見しました。

優木まおみ、産後クライシスに要注意



 【結婚&離婚解体】「この度赤ちゃんを授かることができました。現在4カ月半ばに入ったところです」と自身のブログで第一子の妊娠を発表したタレントの優木まおみさん(33)。

 「夫と二人でお腹の中でスクスクと育っている赤ちゃんの話をするのが、今はとても幸せで、夫婦共々、家族が増える喜びを日々感じています」と続けていて、すでに我が子の誕生を待ちきれないほどうれしく思っている様子が伝わってきます。

優木さんは、仕事で知り合った“くまもん”似のヘアメイクアーティストの男性(36)と昨年5月より交際をスタートさせたと報道されています。

 二人は、お互いに飼っている犬の散歩をすることをきっかけに距離を縮めていき、今年6月にハワイで挙式をおこないました。“エロかしこい”というキャッチフレーズがついている優木さんならではの、セクシーな外見とはギャップのあるしっかり者の一面が感じられる、これまでの順調な歩みではないでしょうか。

 佐賀県出身の優木さんは、佐賀県立致遠館高等学校から東京学芸大学に進学した才女。大学時代には小学校教員免許も取得し、大学卒業時には民間放送テレビ局のアナウンサー採用試験を受けた経歴もあるほど、勉強ができてガッツもある“努力の人”としても知られています。今後、子どもを産んだとしても、芸能活動と家事を両立しながら賢く“ママタレント”として活躍していくことが想像できるようです。

 ところで、そんな頭のよい優木さんのような女性は、出産後、気をつけなければならないポイントがあります。それは、「産後クライシス」です。産後クライシスとは、出産後、子どもが誕生したために夫婦間の関係が悪化してしまう現象のこと。産後クライシスはここ数年、社会現象にもなっている事態で、テレビや雑誌でも取りあげられると視聴者や読者からさまざまな反響があると話題になっています。

 産後クライシスになると、夫婦は互いにストレスを抱えはじめるのも特徴です。妻は「夫が子育てに協力してくれない」「家事をしてもねぎらってくれない」といった不満、夫は「家に帰っても妻がやたらとピリピリしている」「子ども中心の生活で、自分をかまってくれなくなった」といった不満が、それぞれのストレスの原因になることも多く、それをこじらせると離婚にまで発展してしまうことにもなりかねません。

 高い理想を抱き頑張る妻が「私はこんなに頑張っているのに、なぜ同じ努力をあなたもできないの?」と、夫に高い要求をつきつけてしまいがちなところが産後クライシスを招く要因になることも少なくありません。

 なんでも要領よくテキパキとこなすことができる妻は、自分と同じように動くことを夫に期待してしまい、それが叶わないとイライラしてしまいます。育児だけでなく、家事と仕事でクタクタに疲れ果てている妻は、毎日自分の仕事だけで手一杯になってしまう夫をやがて見下すようになっていってしまうことにもなりかねません。

 そうならないために、そんな妻たちへアドバイスをするとすれば、そもそも「すべての男性が女性ほど育児や家事の能力が高いわけではない」と理解しておくことが大事だということです。自分と同じ価値観を相手に求めないことは、多くのトラブルの原因を回避することにもつながります。

 優木さんが、今後どのようなママと妻になっていくのか注目していきたいと思います。

■岡野あつこ(おかの・あつこ) 1954年8月5日埼玉県出身。夫婦問題の悩みを解決するカウンセリング事業や、カウンセラーを育成する岡野あつこのライフアップスクールなどを運営する、株式会社カラットクラブ代表取締役。NPO日本家族問題相談連盟理事長。1991年よりカウンセリング事業を開始、2万5000件以上のカウンセリング実績をもつ。現在は、後進の育成にも力を入れており、ライフアップスクールの卒業生は1800人を超えている。夫婦問題解決のプロとしてメディアに出演し、一人でも多くの人に笑顔が戻るよう日々活動中である。離婚相談救急隊 http://www.rikon.biz/ 。
(この記事はエンタメ総合(夕刊フジ)から引用させて頂きました)



生え際復活応援
posted by バギー at 17:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

エアバギー ココ 新色

posted by バギー at 16:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

エアバギー ココ 新色

エアバギー ココ 新色



こんな話題を発見しました。

X脚、O脚の子を救う 歩き方&立ち方



■体の不調を引き起こす足の形は10歳で決まる

 「ひざを閉じて座れない」「O脚で足が開いていてミニスカートやスキニーパンツをはくのが恥ずかしい」。そんな悩みを抱えているのは、実は大人の女性だけではないらしい。平均身長が伸び、スラリと足の長い子供が増えている一方で、O脚の子供が増えているのだ。

 カサハラフットケア整体院院長としてこれまでに10万人以上の足を診察し、足と健康との関係を追究してきた笠原巖先生。「一生の足の形は10歳前後までに決まってしまう」と先生は断言する。

 「O脚のままでは姿勢も全身のバランスも悪くなり、あちこちに不調が出てくる。それは大人も子供も同じこと。現在O脚に悩み、肩コリや首コリ、頭痛、冷え症などといった不調を訴えているお母さんも、元をただせばその不調は子供のころから始まっていたのです。だからこそ、10歳までの時期はとても重要です」

 まずイラストにある、6種類の足の形を見てほしい。あなたやあなたの子供はどの形に近いだろうか。

 「O脚、と一言で片づけてしまいがちですが、私の研究によるとO脚は5種類に分けられます」

 ひざから下が開く“ひざ下のO脚”、股関節が開く“股関節のO脚”、ひざ下と股関節が開く“ひざ下と股関節のO脚”、そのほかにひざはつくけれどひざ下と股が開く“XO脚”、ひざはつくけれどひざから下がハの字に開く“X脚”がそれだ。

 「それぞれゆがみ方と症状は異なりますが、共通しているのは、ほとんどの人に『外反母趾(ぼし)』や『浮き指』によるねじれ歩行が見られることです」

 外反母趾とは、足の親指が小指側に15度以上曲がっている状態を指し、それが30度以上になると体に悪影響を及ぼす。浮き指は、力を抜いた状態で足の親指を甲側に限界まで押したとき、90度以上反った状態になること。通常は90度以内で止まる。一見するとわからないが、最近は外反母趾以上に激増しているという。

 「これらの足裏の異常は、幼児期に足裏への刺激が少なかったことが原因です。たとえば、生後まもない赤ちゃんの手のひらを指でつつくと、赤ちゃんはギュッと握り返してきます。これが把握反射です。同様に、足も刺激を与えることでギュッと踏ん張る力が鍛えられます。ところが、歩き始めのころに靴や靴下を履かせて、平らなところばかりを歩かせると、足裏への刺激が足りず踏ん張る力が鍛えられません。そのため、足のアーチが発達せずに、外反母趾や浮き指になるのです」
(この記事は経済総合(プレジデントファミリー)から引用させて頂きました)



痩せて見える服
posted by バギー at 11:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。